Googleアドセンス

【収益率】Google AdSenseを理解して利益率を増やす方法【最大化】

投稿日:2020年4月11日 更新日:

Googleアドセンスを理解した上で収益率を最大化していく方法を考えていきたいと思います。

せっかくブログを書いているのだから少しでも収益に結びつけていきたい、成果を出していきたいですよね。

わたしは現在運営している当サイトを作る前にもブログ運営をしていた経験があります。

当時はいくら記事を書いても「1日10円」とかそれに満たないことが日常でした。

でもインターネットで「わたしは月100万ブログ収入があります」「ブログでご飯食べています」などという人もたくさんいます。

こういう人たちのブログと自分のブログって何が違うんだろうと考えて色々調べた経験からこの記事を執筆しています。

少しでも参考になれば嬉しいです。

 


▼ Google AdSenseにはポリシーが存在している。

まず最初にあげるのが「ポリシー」と呼ばれるものです。

原則、方針、方策、政策」などという意味ですが、Googleにもポリシーがあります。

自分たちの広告システムを使わせるわけですから、悪い使い方をされて悪評がついては広告主もGoogleに広告を出そうとは思わないですよね。

悪評がついた広告システムに広告を出す時点でイメージ悪いですよね。

つまり「Google AdSenseの使い方が悪いと収益を調整されてしまう」可能性があります。

100%そうではないかもしれませんが、経験と多くのネットの声を調査した結果行き着いた答えのひとつです。


▼ ポリシーに違反する行為とは何なのか。

Googleのポリシーは結構な頻度で更新されています。

なので具体的にこうですよ。とは言い切れないのが本音ですが、明かにこれはダメというものがあるので一例としてご紹介します。

それは「誤クリックを誘発させる配置」です。

どういうことかと言うと、広告とは思えないようなリンクを潜ませるような行為ですね。

他にもたくさんあって、この辺は難しいのですが基本的には「ずるいことは許しませんよ」「意図しないクリックをさせても広告主に利益がないのでダメですよ」というポリシーがあると思っていれば大体OKかなと思います。


▼ 収益が減少する可能性は他にもたくさんある。

結構収益率に関しては多く語られていますが、結局Google次第なので答えは謎に包まれています。

ポリシーに反することをすれば収益は減少すると考えてください。そのぐらい今のGoogleのAIは進化しています。

しかし多くのブロガー達が研究を重ねて導き出してきた答えがあります。

わたしが知る限りでは・・・

1.内容が薄いサイトはNG

内容が薄いサイトとは、一応それなりに文字数があって形を成しているものの、読者がブログを読んで得るものが少ないサイトのことです。

Google的には「世の中に必要なサイト」を増やしていきたいという考え方があると思われるので「読者にソリューションを与えられる」ような内容が望ましいと思われます。

2.ゲーム系、芸能人系、まとめサイト系は単価が低めに設定されている

これは何故なのか、ゲーム系というのは攻略法や成果の共有などが挙げられると思いますが、否定するわけではありませんが、あくまでも趣味の分野であり娯楽なので「世の中に必要なサイト」かと言われれば対象から外れてしまうような気がします。

まとめサイト系はやはり娯楽、暇つぶし系が多い傾向にあると思います。過去まとめサイト系が乱立していた時代もあり、多く存在している分、それだけ単価も下げられたと思われます。

芸能人系も上記と同じような理由だと思われます。

更にこれ系の閲覧ユーザー層は結構同じような層なんですよね。ユーザー層によって利益率も変動していると考えられます。

3. 固定ユーザー多いサイトは単価が下がる

これ以外かと思われるんですけど、固定ユーザーということは「同じお客さんが同じお店に何度も来店している」ようなものなのです。何度も同じお店に来店して同じTシャツを毎回買って帰るわけないですよね。一般的には。

広告主は「新規ユーザー」を獲得したいわけですよ。なのに同じユーザーばかり来るのではメリットが少ないんですね。そこがシステムに盛り込まれているものと考えられます。

とはいえ、固定ユーザー層はブロガーにとっては重要な要素なので少なくするという選択肢はないですね。

今回は3点挙げさせていただきましたが、多分もっとたくさんあります。わたしも知らないことがあると思いますので個々で調べてみてください。リサーチ力は大事なので常に養っていきましょう。


▼ 収益率を最大化するには?

シンプルに答えさせていただくと「今まで紹介した収益率を下げる行為をしなければ自然に上がっていく」です。

ただこれだと記事として面白くないのでもう少し情報を公開します。

1. 3の倍数の月は単価が上がる傾向がある。

真偽は正直わかりませんが、少なくとも3月と12月が上がっているのはデータを見ると明らかです。

それはなぜかというと、3月は決算月なので広告が多く出され、かつ単価も上がる傾向があります。12月は商戦が行われるので同様の理由で上がります。

広告単価はあくまでも「広告主」が決めていますので、「売りたい」時に力を入れるのは当然ですよね。わたしが広告主ならそうすると思います。

6月、9月に関しても「広告主」の意向が関係していると思いますが、ここの部分詳しくないのですが恐らく季節的要因なのではないかと思います。

2.パソコンとスマホではクリック単価が違ったりする。

スマホって画面小さいですよね。当然1画面の情報量が少ないです。

パソコンであれば1クリックで表示される情報量が多いので単価が高く設定されていることもあるみたいですよ。

3.クリック単価が高いジャンルが存在している。

金融系、保険系、美容系、車系、婚活系、投資系、歯科系、転職系なんかは高いジャンルとして言われています。

すなわち、ライバルが多いです。

ここの攻略法としては「別の切り口から攻める」です。

ライバル達は「SEO」を意識してキーワード検索で上位に来るように超工夫しています。企業がやっていたりするので個人レベルでは到底太刀打ちできません。

なので最初は関連性はあるけど別の話から読ませて、最終的に単価の高いジャンルの話へ繋げていく。といったやり方ですね。

4.特化型ブログの方が表示回数が少なくても収益率が高い傾向にある

特化型ブログ、ようするにジャンルを絞って関係する記事を書き続けているブログのことですね。

そのようなサイトにはそもそも興味がある人しか見に来ませんよね。そして関連する記事があるなら、更に他の記事も読んでくれると思います。

興味があって見にきてくれた人の興味を更に高めると広告をクリックしてくれる可能性って普通に考えて高いですよね。

つまりいくら人が集まって表示回数を増やしたところで、クリックまで持っていく導線を考えていなければ結局大きな収益には結びつかないということです。


▼ 最後に

もしも、もっとブログで収益を考えているのであれば、Google AdSenseを理解してサイトを最適化していくことが重要です。

ここまで色々な情報を公開しましたが、個人的に一番重要なのはやはり「集客力」だと考えています。

色々な可能性を考えて仕組みを作ったところで、人がこないと全く意味がありません。

固定ユーザーが多いと単価が下がる話もありましたが、ここは無視して良いと思います。とにかく集客が大事です。

普段なんとなくブログを書いている方も、収益を増やしたいのであればGoogle AdSenseについて知って、生活を豊かにしていきましょう。

ではまた


データ容量無制限【ポケットモバイルCloud】

1年間契約!月額3,280円(税抜)でデータ容量無制限!どこよりもWiFi

業界最安級!クラウド型ポケットWi-Fi【ギガWi-Fi】

国内外どこでも簡単に使える!めっちゃWiFi

国内も海外もこれ1台!【GMOとくとくBB】ギガゴリWiFiワールド

世界で使えるクラウドWi-Fiを月額3,380円でレンタル!

「BIGLOBEモバイル」でスマホ通信費を節約!?

国内最高峰の SEO 最適化 WP テーマ 【ザ・トール】



ランディングページ機能付きWordPressテーマ Emanon

日本語対応高品質WordPressテーマ

WordPressテーマ 「STREETIST」

月額実質割引キャンペーン実施中!月額実質1,700円/集合住宅/2年契約〈自動更新〉【ソフトバンク光】

「TEPCO」の電気・ガスの契約で、今ならAmazonプライムが永年無料でご利用可能!

工事不要!インターネット使い放題【SoftBank Air】

国内最大級の釣り動画サービスはこちら









-Googleアドセンス
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした